Instagram viewer and editor
yorifune___

@yorifune___ / ヨ リ フ ネ

Photos and videos by yorifune___

鳥取展3日め、早めにお店に来てタルマーリーさんのスコーンとパンで朝ごはん。 大家さんの黒縁の小皿が、私物の黒のマグとぴったりで嬉しい。カラフルなものは苦手だから、これくらいピリッとしたものがわたしには使いやすいのです。 森くんセレクトの黒い本は"遊び場の計画"、まず第1章が「遊びの哲学」というなんとも興味深い本。 タルマーリーのパンはまだ少し在庫があります。タルマーリーさん曰く 「自家製天然酵母のパンは、焼き上がり後も徐々に熟成し、数日間味わいの変化を楽しめます」とのこと。クミンシードとゴーダチーズのパン、もう食べた方いらっしゃるかな。パンももちろんなんだけど、チーズが美味しすぎて…そしたら同じチーズを使ったチーズマフィンもきになるところ。 それでは12:00よりオープンいたします。暖かくて気持ち良いお天気、是非お立ち寄りくださいませ。 #タルマーリー #鳥取 #大家具子 #汽水空港 #ヨリフネ
Advertisement
タルマーリーのパン 入荷いたしました☺︎ 黒いちぢく&カシューナッツのパン クミンシード&ゴーダチーズのパン ハチミツブレッド などなど 美味しそうなパンがまだまだございますので是非お越しくださいませ! 画像は夏に行った時に、タルマーリーさんでイートインしたチーズバーガーです☺︎ 在庫状況はストーリーにもアップしてるので、気になる方は是非ご覧くださいませ。 #タルマーリー #パン #ヨリフネ
Advertisement
【おしらせ】本日13:30までは @funayose 氏がひとりでお店番をしてくれているので、ちょっとお待たせしてしまうかもしれません。また、プレゼント包装が承れませんのでご了承ください。 大変申し訳ございませんが、お誕生日なので大目に見てあげて頂けたら嬉しいです。笑 (昨日まで忘れていて自己申告された) HAKUSENさんの焼き菓子、塩チョコマフィンは無くなりましたが他少しだけ焼き菓子ございます。 ハーブコーディアルとグラノーラもご用意しておりますので是非この機会に☺︎ それではこのあと12:00〜openいたします。 今日はタルマーリーさんのパンの販売日。16時を予定しておりますが、配送の関係で前後することご了承くださいませ。 #HAKUSEN #鳥取 #ヨリフネ
Advertisement
illustration Sanae Sugimoto 鳥取展2日目、12:00-本日もopenいたします。 昨日はお客さまに鳥取のイメージ変わりましたって言ってもらったり、数少ない鳥取出身の方が来てくださったり、楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました☺︎ 杉本さんのイラストも関東でなかなか見る機会が少ないので是非お越しくださいませ。 本日は16:00よりタルマーリーのパンを販売いたします。 配送の関係で少し時間が前後するかもしれませんがご了承くださいませ。 あと、わさびオイルが残り少なくなっております…‼︎気になる方はお早めに。 それでは皆様のお越しをお待ちしております。よろしくお願いいたします。 #鳥取 #ヨリフネ #杉本さなえ
Floatさんのバスソルト、 乙女心くすぐるピンクに香りが最高。 これから寒くなる季節にピッタリでとってもオススメ!でも私が欲しいから完売したら困るやつそのいち。 #Float #ヨリフネ #バスソルト
【鳥取展出展者のご紹介 vol.6】 杉本さなえ 可愛らしいようで 何処か異世界に迷い込んだ気にさせてくれる杉本さんのイラスト。 ルイス・キャロルの鏡の国のアリスのように 実は壁に飾られたこの絵の向こうに長い長いお話と不思議な世界が広がっていて そこに迷い込んでいたら時間が経っていたんじゃないかと思うくらい 絵に入り込んで眺めてしまいます。 ・ 『鳥取の好きなところは 何もかもとおく離れているので 絵を描くことからも 他人事のように距離を保てるところです。 あとは、山と海がふつうにいつも傍にあることです。』 (順番を間違えてしまいした、すみません。。。 ) ・ さて、こちらで出展者のご紹介は終了です。 書いている自分が鳥取に飛んで行きたくなったのですが、皆さんもそう感じていただけると幸いです。 まずは鳥取展にお立ち寄り頂き、気に入ってくれたら鳥取旅行の計画でも。 ご相談については全面協力させていただきます。笑 この後12:00〜openいたします。 ゆっくりお楽しみいただけますと嬉しいです。 #杉本さなえ #ヨリフネ
鳥取展 出展者のご紹介 vol.8 Miepump | ミエポンプ 今年の夏、「京都の珈琲やさんが北栄町に移転する」という情報が入りました。 実は、まだお会いしたことのないMiepumpさんですが、珈琲豆をいただき早速「mpブレンド3 深煎り」を飲んでみました。 深煎りなのに、柔らかな口当たりで甘みもしっかり、すっきりとしてとっても美味しい、、、 地元でこんな美味しい珈琲が飲めるなんて…羨ましい。 現在Miepump さん鳥取県北栄町で開店準備中をしている真っ最中で、開店後は自家焙煎コーヒー豆の販売、喫茶、ギャラリーのお店になるとのこと。 帰省して伺いたい場所がまた1つ増えました。 そんなMiepumpさんの鳥取の好きなところは、 『日常の中にある自然が美しいこと』 派手さはないけど、日々流れるひとつひとつの瞬間が美しく、尊い。 大人になって気づいた大きな価値が、鳥取には沢山あります。 #ヨリフネ #miepump
本日より! 今回は、 @funayose 氏が紹介を書いてくれました。身内贔屓ですみませんが良い文章だなぁと思ったので、今回は全文載せてます。ぜひ。 ・ 【鳥取展 出展者のご紹介 vol.7】 汽水空港 数年前、鳥取県の中央に位置する東郷湖のほとりに、ぽつんと一件の本屋ができました。本屋好きの僕は帰郷後、その情報を聞いてすぐにその本屋へ。お店の名前は「汽水空港」。とてもすてきな名前だなと思いながらお店に一歩足を踏み入れた。 当時、山小屋のような店内にはロフトがあって、そこで珈琲を飲みながら、寝転がりながら、本を楽しめるという本当に自由なお店でした。 そこには、古書から新刊、リトルプレスが一面に広がり、店主の森さんの人柄が出ているのか(もちろん出ている)、ミニマムな心配事を想像させる本から宇宙を創造させる本まで、繊細な本から大胆な本まで幅広い選書でワクワクさせられました。 そんな汽水空港は移転リニューアルオープンを計画。準備段階の2016年10月に、鳥取県中部地震が発生した。汽水空港の移転先は傾いてしまい計画は中止になってしまった。 地震後、僕はすぐに帰省した。森さんに会いにいくと「10分に1回は落ち込む」と落胆の色を隠せない言葉が返ってきた。僕は何も言えなかった。 でも、でも汽水空港はまた始まる。 そう、森さんは、またきれいな湖畔で本屋「汽水空港」を営む予定に絶賛改装作業中です。 今回は、森さんに「鳥取」をイメージした選書をしていただきました。リニューアルオープンより一足先に「汽水空港」をお楽しみください。
【鳥取展 出展者のご紹介】 HAKUSEN 2015年7月オープン。 鳥取県中部の東郷湖畔にあるコーヒー、焼き菓子、本の店。 鳥取県の真ん中あたりに大きな汽水湖である東郷池があって、広くて穏やかな湖面を眺めていると心がすーっと、落ち着いていくのがわかります。 HAKUSENはそのほとりにあって、店内の大きな窓から湖面が見え、素敵な時間が流れていくお店です。 今回焼き菓子やハーブコーディアルなどお任せで届けてくださいました。 是非この空間を想像しながら食べてみてください。 blogの方でももう少し詳しくご説明しているので、よかったらこちらも。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog▶︎ 鳥取展 出展者のご紹介vol.5
【トークイベントのお知らせ】 #Repost @nano.o.o (@get_repost) ・・・ ふっと動くとき . そんなタイトルをつけてもらった記事は一年前。 雛形でとても丁寧に作り上げてもらった取材記事です。 (あさってくらいまでプロフィールから記事リンクしてますのでどうぞ) . そんな雛形の編集部森さんと、横浜のヨリフネでトークします。司会は鳥取出身の船寄さん。 . 多拠点で暮らす人も少なくない昨今、移住というワードが持つイメージも変わりつつあると思います。 . 今の感覚でいうところの移住や、暮らしに関するトーク、10日後に開催です! ご興味ある方はお申し込みを↓ . トークイベント 「移住から考える、鳥取の魅力」 . ▪️ゲスト 河井菜摘(漆作家、修復家) 森若菜(ローカルライフマガジン『雛形』編集長) . ▪️聞き手 船寄洋之(H.Funayose gallery店主)@funayose . 【日時】:2017年11月25日(土) 開場:19:00 開始:19:30 【会場】:器とギャラリー ヨリフネ @yorifune___ 横浜市神奈川区松本町3-22-2 ザ・ナカヤ101 (東急東横線・反町駅より徒歩5分) 【参加費】:1,500円(ワンドリンク付き) 【申込方法】:氏名・年齢・ご連絡先・参加人数を下記アドレス宛にお送りください。 hiroyuki.funayose@gmail.com . (@funayose さん宛にDMでも申し込み可) . #移住 #多拠点 #暮らし #日々 #生活 #田舎暮らし #雛形
【鳥取展 出展者のご紹介】 西河商店 鳥取は山葵の名産地だってご存知でしょうか。(知らなかった) 山葵を育てるには、美しい水が豊富なのが条件。大山から流れるきれいな水が、わさびに良いんだそう。 日本の本わさびを使い、国産材料だけで作った"山葵油(わさびオイル)"はスッキリとした味わいが特徴。 カルパッチョなどの洋食をはじめ、納豆や卵かけ御飯などの和食にもオススメなんだそうです。 風味豊かな香りと辛みが楽しめます。 西河商店の谷川さんは、倉吉市の地域おこし協力隊から2016年に起業。"いつか産地に旅したい" と思えるものづくりを目指しています。 夏に鳥取に帰ったとき、ちょっと、と呼ばれて見せて頂いたわさびオイル。すごくいい!と今回ご紹介させていただくことになりました。 こちらももう少し詳しくご紹介させていただいておりますので、よかったらblogの方もご覧ください。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog▶︎鳥取展 出展者のご紹介 vol.4
【鳥取展 出展者のご紹介】 大家 具子 ガラス作家でもあり、セレクトショップsaonのオーナーでもある大家さん。 大家さんと話してて思うのは、嘘のない人。お店のセレクトも、ガラスも、飾らなくてまっすぐで、これ、いいやろー!って良いところをだーーーって並べてくれるのを聞いてると、とっても気持ち良いのです。 今回はクリアな硝子や冬になると出すという黒縁のシリーズなど届けてくださいます。 まっすぐな大家さんの作るクリアな硝子。冬に合わせたセレクトで送ってくださいますので是非ご覧ください。 Profile 神戸市生まれ。吹き硝子作家。 高校生の時にサンドブラストを習い始める。 倉敷芸術科学大学工芸学科ガラスコース卒業。株)黒壁に入社。その後も工房スタッフとして勤務しながら自身の制作活動を続ける。 透明でシンプルな日常使いのうつわを中心に製作しており毎年、個展やグループ展を各地で開催し作品を発表している。 2014年春、鳥取県倉吉市に拠点を移し制作活動を続けながら2016年にsaon をオープン。 詳細はblogにも掲載しています。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog #大家具子 #ヨリフネ #鳥取 #倉吉
【鳥取展 出展者のご紹介】 Float ( 香り ) ・ 人工的に作った香りではなく、自然の香りの恩恵を 脳で感じ、体で感じてもらう。 Floatのアイテムを通し、衣・食・住の全てが楽しくなる、そんなきっかけ作りのひとつになれれば幸いです。 ・ いつの間にか、心地よくて、なくてはならない、 そういったものになれればと思います。(HPより) 深呼吸したくなるようなヒノキ精油や、鳥取県産のクロモジを使った "森と私と"のシリーズは、甘い香りが苦手な私でも気分がよくなるアイテム。それらを中心に、届けてくださいます。前から素敵だなぁと思っていて、ずっと念願だったFloat @float2003 さん。是非ご覧頂けたら嬉しいです。 こちらも詳しくblogにて紹介しております。 お時間ございましたら是非こちらもご覧ください。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog
【鳥取展 出展者のご紹介】 タルマーリー(bread) タルマーリーのパンは、純粋培養菌を一切使用せず、酵母(イースト)も糀菌も乳酸菌も、野生の菌を自家培養して発酵させています。 野生の菌でつくるパンの最大の魅力とは 《小麦粉、塩、酵母、水》というシンプルな材料だけであっても、酵母や製法によって食感や味わいが変わってくること。 現在は酒種、レーズン酵母、ルヴァン、ビール酵母の4種類を使い分けているそうです。 シンプルな材料だからこそ、小麦粉の3割は近辺で栽培された小麦を自家製粉して使用していて、新鮮な粉の香りと味わいは格別です。 タルマーリーさんに鳥取の魅力をお伺いしたところ、こんなお返事が。 「野生の糀を採取するために、自然環境の綺麗な里山を探し求めた結果私たちは鳥取県智頭町に辿り着きました。 また発酵を起点とした地域内循環を目指そうと思うと、人々との関係がとても大事になってきます。智頭町の人たちはとても温かくて、私たちの夢は一歩ずつ確実に進んでいると思います」 鳥取の自然と、人々だから出来ること。そんな環境の中で日々焼かれるタルマーリーさんのパンを是非いちど食べてみてください。 びっくりするほどおいしいのです。 blogにもう少し詳しく書いていますので、よかったらこちらもご覧ください。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog▶︎鳥取展 出展者のご紹介 vol.1 2枚目画像 : 川瀬一絵 #タルマーリー #鳥取 #ヨリフネ
FIELD MUSEUM SANUKI 蠣崎さんのガラス 古い街並みと、空気感がとてもよかった。 迷ったけど来てよかった。 #蠣崎マコト
from 引田
【イベントのお知らせ】 ・ "インスタで見て家を買った" という河井さんの鳥取への移住話、3拠点の生活。 すごく面白く聞き応えのある内容ですので是非お越しくださいませ! 17日までは出張などなどでおやすみちょうだいしております。よろしくお願いいたします! #Repost @funayose (@get_repost) ・・・ 《11.25(土)トークイベントあります》 突然ですが、「あなたは今の生き方に満足していますか?」移住先としても人気が高まる地、鳥取の暮らしを紐解き、これからの生き方について考えます〜! . トークイベント 「移住から考える、鳥取の魅力」 . ゲスト 河井菜摘(漆作家、修復家) 森若菜(ローカルライフマガジン『雛形』編集長) . 聞き手 船寄洋之(H.Funayose gallery店主) . 11月17日から「器とギャラリー ヨリフネ」で開催する「鳥取展」の関連イベントとして11月25日(土)にトークイベントを開催します。 . 関西から鳥取への移住を機に、東京、京都、鳥取の3拠点で金継ぎや漆修理など修復専門家として活躍される河井さんと、新しい移住のカタチを届けるウェブマガジン「雛形」編集長の森さんをゲストにお迎えして、「鳥取の外からの魅力、内からの魅力」を楽しくお話いただきます。 . 「鳥取」というひとつの場所を通して、これからの生き方を一緒に考えてみませんか? みなさまの参加をお待ちしております。 . プロフィール . 河井菜摘(漆作家、修復家) 鳥取、京都、東京の3拠点で生活をし漆、金継ぎ、共直しを主軸とした修復専門家として活動。 陶磁器、漆器、竹製品、木製品など日常使いのうつわから古美術品まで800点以上の修復を行う。 修理の仕事の他に各拠点では漆と金継ぎの教室を開講し、漆作家としても活動している。 ( @nano.o.o ) . 森若菜(ローカルライフマガジン『雛形』編集長) 神奈川県横浜市生まれ。雑誌『エココロ』副編集長を経て、2015年1月にローカルライフマガジン『雛形』を立ち上げる。そのほか、兵庫県豊岡市の移住定住プロモーションのブランディングや、奥能登国際芸術祭2017公式フリーペーパー『おくノート』、書籍『団地のはなし』(著:東京R不動産)などの編集を手がける。 ( @hinagata_mag ) . 船寄洋之(H.Funayose gallery店主) 鳥取県生まれ。アパレルメーカー、出版社を経て、横浜・反町にH.Funayose galleryをオープン。 その他に執筆業や、出張コーヒースタンドもおこなう。 ( @funayose ) . イベント詳細 【日時】:2017年11月25日(土) 開場:19:00 開始:19:30 【会場】:器とギャラリー ヨリフネ 横浜市神奈川区松本町3-22-2 ザ・ナカヤ101 (東急東横線・反町駅より徒歩5分) Instagram: ( @yorifune___ ) 【参加費】:1,500円(ワンドリンク付き) 【申込方法】:氏名・年齢・ご連絡先・参加人数を下記アドレス宛にお送りください。 hiroyuki.funayose@gmail.com (インスタのメッセージからのお申込みでも大丈夫です) . #鳥取 #暮らし #移住 #生活 #生き方 #人生 #横浜 #トークイベント #イベント #旅 #旅行 #引っ越し #漆 #金継ぎ
【入荷のお知らせ】 先日すぐに旅立ってしまった大谷さんの平鍋が、 今度は並・浅・深 揃って入荷いたしました。 サイズはΦ210とΦ240、深いタイプだけΦ180もございます。 画像は我が家の年季がはいったやつ、セリとバジルとグレープフルーツのサラダ。 休み前の閉店10分前にお知らせすみません。。。さっそく知らずに来てくださった方が、これ前インスタで熱弁されてたやつですよね。(恥ずかしいけど覚えててくれて嬉しい)ってお迎えくださり嬉しい。 休み明けは鳥取展がスタートいたしますのでおそらく店頭に出ていないと思います。良かったらお声がけくださいね。 #大谷哲也 #平鍋 #ヨリフネ
12:00 - open Aki ishibashi ひとつの帳 最終日。 是非お立ち寄りください。 #いしばしあき #ヨリフネ @funayose こちらでも開催中。 振れ幅の大きさと笑、多彩さに驚くと思います。
Aki Ishibashi mini exhibition ひとつの帳 いしばしあきさんのミニ展、モノクロ作品が展示されるのは本日まで。カラー作品と両方見れる機会ですので是非お立ち寄りくださいませ。 @funayose の方は週末まで続きます。 今日は通常通り12:00〜openさせていただき、明日より17日の鳥取展までしばらくお休み頂戴いたします。 実店舗のお休みと一緒にwebの発送などもストップ致しますのでよろしくお願いいたします。 #ヨリフネ #いしばしあき
【鳥取展&トークイベントのご案内】 11/17 - 26 今まで全く知らなかった鳥取。 結婚して何度も足を運ぶうちに、自然がいっぱいで、そしてその中にたくさん素敵なお店や人がいることを知りました。 鳥取といえば器好きからしたら民藝のイメージで、民藝の考え方にはとても共感するけれども、モノ自体の好みとしてはもう少しシャープなものが好きだった私にとっては割とスルーすることが多かったのですが、一般的に思われている鳥取のイメージを覆すお店や人がたくさんいることを知り、そこをもっと紹介できたらと思い今回の鳥取展になりました。 自然もあって、でもすごく洗練されたお店もたくさんあって、なんて魅力的な土地なんだと思います。 画像は松崎のHAKUSENさん。 これだけでもう、素敵でしょ。 ぜひ今回の鳥取展に来ていただいて、そして遊びに行ってもらえたらと思います。 展示とトークイベントの詳細をblogに掲載いたしました。よかったらご覧ください。 プロフィール欄▶︎web▶︎blog ご参加いただく皆さん 大家具子(glass) @goocoglass 汽水空港(books) @kisuikuko.mori 杉本さなえ(illustration) @sanae_sugimoto タルマーリー(BREAD) 西河商店(山葵oil) HAKUSEN(お菓子) @hakusen_matsuzaki Float(香り) @float2003 miepump(珈琲) @otsuka_toshi ※タルマーリーさんのパンは18,25日16:00-販売です。 ・ ・ 【TALK EVENT】 移住から考える、鳥取の魅力 Guest 修復専門家 河井菜摘 『雛形』編集長 森若奈 ・ 関西から鳥取への移住を機に、東京、京都、鳥取の3拠点で金継や漆修理など修復専門家として活躍される河井さんと、新しい移住のカタチを届けるローカルライフマガジン『雛形』編集長の森さんをお迎えして、「鳥取の外からの魅力、内からの魅力」を楽しくお話いただきます。
撮影終了 一瞬の陽の光のおかげでいい写真が撮れたけど もうどっかに行っちゃった、早いなぁー